Sold out


四角い充電ケースとアシンメトリーなデザインが目を奪われるNOTE20

デザインコンセプトが評価されてreddot Awardを受賞し、
ユニークかつ大胆なデザインが評価されてインターナショナルデザインエクセレンスアワードをも受賞しました。

特許保護されたユニークな構造により、イヤホンの出し入れがこれまで以上に楽しくなります!

NOTE20のイヤホンは指1本で簡単に取り出すことができ、いつでもどこでも音楽の世界をアクセスすることができます。

世界最薄クラスはカナル型イヤホンでも

前作のCARD20はインナーイヤー型のモデルでした。

なので世界最薄クラスといえども、運動中などに外れてしまわないか、密閉感がないので外で聞く時に不便、
など様々なご意見がありました。

そこで今回は世界最薄クラス、超軽量型のモデルは維持しつつ、
待望のカナル型イヤホンのリリースに漕ぎつけました!

イヤホン重量はわずか4.5g、薄さはなんと13.5mm!
そしてケース込みでの総重量は35gです。
胸ポケットやズボンのポケットに収納しても全く違和感はありません!

音を楽しむのであれば、音質にはこだわりたいですよね?

これまでその欲求を叶える為に、耳栓型のイヤーピースが特徴のカナル型イヤホンが多くの人々に選ばれてきました。

カナル型イヤホンは密閉性が高いので音漏れも少ないほか、低音もしっかり表現することができます。

しかし、カナル型のイヤホンには決定的な欠点がありました。

それは「長時間装着していると耳が痛くなってくる」ということです。

言うまでもなく、長時間の使用を快適に過ごすためには、
イヤーピースが外耳道(いわゆる耳の穴から鼓膜まで続く道)を傷つけることなく
フィットした状態で収まっていることが重要です。

耳の中に深く入りすぎるイヤーピースは、痛みやかゆみ、強い圧迫感によるストレスを感じる可能性があります。
また、airpodsに代表されるインナーイヤー型イヤホンは、一般的にはカナル型より音質が悪くなってしまうケースが多いです。

特許取得済みの技術を採用!

NOTE20では、人間工学に基づいた特許取得済みの「ショートイヤーピース」デザインを採用し、
極上の快適さと密閉性を実現し、より良い音を快適なつけ心地で実現するためのテストと改良を徹底的に行いました。

NOTE20は左右どちらの耳にもぴったりとフィットするように非対称に設計されています。
イヤホンの前面と側面が外耳道とぴったり合うので、違和感や圧迫感、不快感を感じることはありません。
耳の奥を傷つけることなく安全で快適な装着感を実現することに成功しました!

耳の形状は人それぞれです

自分に耳穴の形状にぴったり合うイヤホンを探すのは至難の技でしょう。

でも、NOTE20はイヤホンをクルッと回転させ、心地よい装着感を得られるところで止めるだけでOKです。

自分の耳穴の形状に合わせて最適なフィット感を実現します。

人間工学に基づいたデザインとコンパクトなサイズ感

厚みはわずか13.55mmで、ユニークなフラットスクエアデザインは、特に長時間の使用における快適性向上に貢献します。

市販されている他のイヤホンとは異なり、NOTE20のイヤホンは、耳からはみ出しすぎないスタイリッシュなデザインを兼ね備えています。

NOTE20の外観にはつけ心地同様のこだわりがあります

表面は幾重にも重なる塗装が施され、高級感のある外観デザインとなっています。

ベースとなる色彩塗装は人目を引く発色豊かなものをチョイス!オシャレな存在感を放ちます。

アクセントとしてはパールアルミニウムパウダー(アルミニウムの金属粉)を使用。
美しい外観、深みのある光輝感が実現されています。

最後にマット仕上げをする事で外観により深みのある質感を加えています。

その結果、遠くから見ても目を見張るような明るくゴージャスな外観と、
それでいて嫌らしくない落ち着いた雰囲気を演出しました。

世界最軽量クラスのTWSイヤホン

究極の薄さを実現した NOTE20のケースはシースルー構造になっているので、
充電中、シャットダウンモード、ケースから出した状態など、
現在のイヤホンの状態がすぐにわかります。

ケースに入っているNOTE20のイヤホンは、iPhone 11 Pro Maxの1/3の大きさしかありません。

コンパクトで、どんなポケットや財布にもすっぽり収まります。

パワフルで没入感のあるリスニング体験

NOTE20は遅延がなく快適なプレミアムサウンドを提供します。

卓越したデザインと最先端のオーディオ技術で、モバイルオーディオ体験を再定義します。4-4.5時間の再生時間で、音楽の世界を自由に楽しむことができます。